2017年3月9日木曜日

2017年3月8日 ◆FX取引のテクニカル分析による売買法は勝てないのか?

◆FX取引のテクニカル分析による売買法は勝てないのか?

世界中のFX市場に参入している人々がテクニカル分析について学び研究している事は明らかです。

世界的な経済指標や政治情勢による市場分析にも、それらの情報以外にテクニカル分析による相場動向が盛り込まれていると考えて良いですね、

それは何よりも過去の実績、過去の相場変動の軌跡が何を意味しているのかを考慮しなければ市場分析は成り立たないであろうと考えられるからです。

相場変動が、そのような分析結果を使用しながら売買された軌跡が相場変動である、そのように仮定すると、次の段階ではテクニカル分析のレベルが問題になってきます。

つまり、大まかな分析より更に精密で詳細なテクニカル分析結果を得て、テクニカル分析の一般的なレベルより高度な分析手法を用いて、一歩先の取引を行うものに勝利があるという事になるのではないでしょうか?

あなたがラインクロスによって、上昇相場から下降相場に変化したのだと認識するよりも15分、あるいは1時間前にその変化を感知分析した人のほうが、はるかに勝率が良い事になります。

早く言えば、他人が売買して利益を取り込んだ残りかすの相場変動で取引を進める限り勝ち目はない・・・という風に考える事もできるのです。

15分足チャートの24本目のバーで、相場の転換点を感知して売買する場合と、1分足の1本目、あるいは15本目でも良いですが、そこで相場の転換点を感知して売買する場合とを比較すれば、答えは明白です。

NTSでは、1分足チャートで全ての売買を完結するテクニカル分析を提唱しています、1分足チャートで相場変動の全てが見えるようになれば、それに優る売買法はないであろうと考えるのです。

他のテクニカル分析の追随を許さない独特で最先端のテクニカル分析売買法の確率を常に目標としています。

(MT4プログラマーM/Hamada が考えるテクニカル分析)

http://forex.ryuuguu.net/