2016年4月23日土曜日

ほったらかしで稼ぐExpertsは本当にあるのですか?

◆NTSではFX自動売買の研究と開発を一時中断していましたが最近復活しました。

NTSのFX取引におけるコンセプトは、誰でもいつでも利益を上げられるシステム構築にあります。

それは一般的に、いくら稼いだ、いくら儲かった、というレベルではありません、いくらの資金で、どの期間で、どんなシステムでいくら稼いだのか?

そして、それはどんなスキルが必要で、いつまで続ける事ができるのか?

それがすべて明かされていて、それをあなたが理解できて、本当に実行できるのか?

ネットのFX取引情報を見る場合には、それらの全てが納得できるものでなければ信用できないと考えてよいのではないでしょうか?



特に自動売買の場合には、いろいろの条件がそろった時に、その性能を発揮する・・・というのでは逃げ道がいくらでもある事になりますから、情報の内容をしっかり確認する必要があるでしょう。

NTSの自動売買プログラムは無条件です、MetaTrader4に組み込み、パソコンのスイッチを入れるだけで利益を積み上げる事を条件に開発を進めてきています。

取引のための資金に制約がなく、取引時間軸に制約がなく、いつでもだれでもMetaTrader4であればいつまでも勝ち進むことができる自動売買システムを目指しています。

これまで難関であった、自動売買ロジックのなかでの問題点が解決できたので、理想的な自動売買システムに向かって再始動しました。

裁量取引においては、ストレスなし、損切なし、損金なし、の理想的な売買システムと売買法を確立し、

それらの相場分析システムを自動売買に組み込んで、損切設定なし、損金発生なし、の理想的な自動売買システムの構築を目指しているのです。

NTS-NZ自動売買システムは来週からデモ口座での売買テスト運用に入ります、1~3カ月のテスト運用を行った後にライブ口座運用へと移行する予定となっております。

最終的には、NTS取引会員のみへの限定配布となりますので、会員様で興味のある方は事前のお問い合わせにも対応していますのでご利用ください。

http://forex.ryuuguu.net/


2016年4月19日火曜日

◆NTSの新しい相場分析システムはNZシリーズと名付けられました。

◆NTSの新しい相場分析システムはNZシリーズと名付けられました。

NTSではなぜ10年以上もテクニカル分析にこだわって研究を続けているのでしょうか?

為替相場の変動を分析する場合に、テクニカル分析分野とファンダメンタル要素の分野に分けて考える理論もあるようですが、何か違和感を感じないでしょうか?

為替変動は毎日繰り返されていますが、その変動の中にはすでにファンダメンタル要素を含んだ売買行為によって相場が変動しているのです。

売買する側から見た相場変動とは、すべての経済的な要素を含んだ結果が相場変動であるので、テクニカル分析を正確に行う事が相場分析の全てであり、それ以外の要素は何もない事になります。

ただし、起こってもいない相場変動を予測したり占うという観点からみれば確かにファンだメンタル的な要素を考える必要もあるのかも知れません。

米国の雇用統計の発表が市場に及ぼす影響を研究し、それによって相場を予測し売買を行う手法もあるようですが、それはおそらく【占い】の域をでないものであろうと考えます。

今回のNTSのテクニカル分析ツールでは、時間軸の連携分析に重点を置いた予測システムとなっています。

売買のストレスを最小限にするための工夫を凝らし、損金なし、損切なし、ネガテイブゼロの分析を目指して完成した分析システムです。

仕上がった分析システムは現在7個のモニターで表示し実際の取引を進めていますので数週間後には、その性能が明らかになるでしょう。

http://forex.ryuuguu.net/



2016年4月7日木曜日

第三次世界大戦が終結する時 日本国が世界のリーダーとなる!

◆第三次世界大戦が終結する時

貴方はFX取引する時に、米国の雇用統計とかアナリストの意見を採用しているのですか?
そして、それは成功しているのでしょうか?
私はそのようなものは一切参考にもしませんし、見る場合には一般的な世間の噂だと思うようにしています。
つまり、自分の作成した取引システムと、祷文で作成したテクニカル分析のみを信用して取引を進めています。

第三次世界大戦が、いますでに進行している事を自覚している人がどれくらいいるのでしょうか?

時々のニュースから読み取れるのは、
世界の至るところで武力戦争が行われ、テロと称する戦争が行われています、同時に国家や会社が生き残るための技術の奪い合い、文化の流れが、とめどなく流れ込む状況は、これも一種の戦争だと考えることができるのではないでしょうか?

次に、世界の株の流れや為替の流れの中にも戦争状態を見ることができます。

為替戦争、それはまさに国家を支える通貨の戦争ですから武力戦争と同じような結果を見ることになる点で戦争と呼べるものだと考えられます。

2016年4月、日本への総攻撃が始まっている!
世界中の人々がUSDを投げ捨ててJPYを買いあさった場合には、どのようなことになるでしょうか?

世界の主要通貨がUSDからJPYに変わったら、世界がどのように変化するのでしょうか?

このすべての戦争の事を知らないのは日本人だけ!

何故なら、日本国が中国や韓国と対立している事さえ国民に知らせようとしないマスゴミは、真剣に日本国を支えようという考えの人間が皆無で有り、逆に日本国と日本人を潰そうとする人間たちが運営しているからです。

世界で今、何が起こっているのか?

世界中の国々に日本の文化や日本的な考え方が急速に浸透してきている事は、マスゴミの報道からも読み取ることができます。

次に世界中に進出した日本の会社や企業が、世界のあらゆる技術を引っ張ってきている事も事実です。

万に一つでも日本国が武力戦争に巻き込まれても、洗練された日本の自衛隊はどこにも引けを取らない力を発揮するでしょう。

戦後生まれの日本人は全てアメリカ文化によって教育され、すべてがアメリカが、アメリカでは、アメリカのように、そのように教育されてきた事を知っている人も多いでしょう。

今では、世界中の国々が、日本が、日本では、日本のように、日本人のように、それが合言葉となり大きな流れとなっているのです。

これらの全てを戦争だと考えてみれば、この問題が終結に向かった時に世界では何が起こるのか?

当然ながら、すべての流れは日本国を中心に、日本人を中心に流れが流れるようになるはずです。

世界中の人々が、流れてくる情報に疑問を感じるようになっています、アメリカの911テロは国家のやらせであったとか、日本の東北地震は仕組まれた人工地震であった、などの多数の犠牲者を出した事件を戦争と呼ばずに何と呼ぶのでしょうか?

何と何が戦争しているのか?誰と誰が戦争しているのか?どこと何処が戦争しているのか?・・・・それを考えるのは貴方自身です。

NTS-FOREX

http://forex.ryuuguu.net/

Masanori Hamada