2016年3月25日金曜日

◆FX取引に対する投資、FX取引で継続的な利益を上げるにはある程度の資金ももちろん必要ですが、心理的な安定感が取引結果を大きく左右する事は周知のとおりです。

FX取引において、分析はうまくできているのに、結果が思わしくない、安定感がない、
勝敗の回数によって損益のむらが大きい。

そのような場合には、複数モニターによる相場分析を試してみましょう。

NTSでは、一定の通貨を複数のモニターで表示して相場分析する方法をお勧めしています、
特に初心者の場合には、チャートを切り替えることによる判断の迷いや間違いを減少する事ができます。

FX相場は、上昇するか、下降するかの2種類しかないのに、なぜ予測が的中しないのか?

その原因のほとんどは、相場分析の方法や手段が間違っている事にありますが、
ある程度の分析ができている場合では、複数のモニターで同時に見る事が、問題点を早く見つける方法としては最適です。

NTS会員の皆様で、成功している方は全員が推奨する、3モニター方式を採用しています。

本来なら1通貨に対して3台のパソコンが必要ですが、1台のパソコンで3台のディスプレイを使用しますので、コストパフォーマンス面でも優れていますし、画面の管理も合理的に行えるので、ぜひ採用していただきたい方式なのです。

FX取引にかかわるすべての投資金の配分を考えるなら、最初に安定感のある取引システムを構築する事が非常に大事な問題であることに気が付かなければなりません。