2015年9月29日火曜日

ボリンジャーバンドだけで100戦連勝のスキル大公開!

◆MetaTraderで取引するトレーダーにはお馴染みのボリンジャーバンドです、
取引プラットフォームに付属した指標なのでもちろん無料で利用できます。

このように無料で利用できる指標は無数にあるのですが、これらを使いこなすためのスキルになると、諸説ふんぷん、どれを信用すればよいのか?

このような技術系の解説になると、解説者の技術的な知識の程度、指標プログラムの理解の程度、他人に教えるための技術の程度などに左右されるため解説側の問題があると」同時に、
解説を受ける側のレベルの違いのよる理解度の問題も絡んでくるため、

全てのチャート分析プログラムにおいて、その分析プログラムを本当に理解して使いこなしているとは言えない場合が多いようです。

ここでは無料で使えるボリンジャーバンドのプログラムを簡単に変更して、3機種を作成し、これを組み合わせて、分析能力を高める方法の詳細を解説しています。

どんなに優秀な高精度の道具でも、使いこなさなければ”ただの棒切れ”になります。


◆このような分析システムを使用するに当たっては、自分の思いや思い込みに分析結果を当てはめる行動に出る場合が少なくないようです、道具を自分に合わせる努力をするのか?
それとも道具に自分の考え方を合わせるのか?似ているようでも全く違う結果が出るでしょう。

分析ツールは計算書や設計書通りの結果を返し続けます、
その結果によるラインや矢印を使用者がどのように理解し、どのように使用するのかと言う問題点が、正確な分析結果による次の行動結果が上書きされて行きますので、

良い結果を残したい、大きな利益の残し続けたい、それは誰でも同じ思いなのですが、結果が悪い場合には、その悪い結果を分析システムの使用状態にどのようにフィードバックできるか?つまり、悪い結果を自分で修正する技術も必要である事がわかるでしょう。


◆人間が道具を使う場合には、理屈や理論で塗り固めるよりも、使って使って使いまわし、
道具になれ、道具に親しみ、道具を自分の手足のように使いこなす事が最も重要な点です。


以上のような問題点を考えながら、NTS-FOIREXの分析能力スキルアップ動画をご覧下さい。



2015年9月25日金曜日

◆9月25日06:50 EURUSD下降で稼ぐ! おはようございます!

◆9月25日06:50 おはようございます!

昨日の相場で上昇に向かっていたEURUSDですが、H1チャートの第三ライン、72時間ラインで上昇はストップし下降に向かい始めました。

すでに昨日からSELLエントリーしていれば大きく利益を伸ばしている事と思います、MACD7では5対2の下降となっていますが、現在の状況ではH1チャートの24時間ラインでストップとなるか、

24時間ラインを押し下げるようですと、第八ラインまで下降する可能性が大きくなります、価格は1.1106辺りですね。

NTS分析システムでは、価格の上昇下降を自由な時間区切りで計測することが可能ですので、それぞれの時間軸でパラメータを調整して時間ラインを表示させ、そのラインを押し切るかどうかで次の段階に向かうことが読み取れます。

H1チャートではわかりやすいように24時間区切りのラインとすると良いでしょう、今回のEURUSDの場合でも、24時間ラインを押し上げ48時間ラインに達し、更に押し上げて72時間ラインに達して下降に反転した事を読み取ってください。

MACD7シグナル、BSSシグナル、HLバンドシグナル、ASRラインシグナル、ATIラインシグナル、以上5つのシグナルの動向によってエントリータイミングと手仕舞いタイミングを見極めるので、最高レベルの取引を進めることができるのです。

FX取引のノウハウの全てを自分で実行できない人のために、
新しいFEOS会員も募集していますので興味のある方はお問い合わせ下さい。



2015年9月22日火曜日

5分足の分析を制する事がFX取引の基本であり成功の秘訣!

◆FXチャート分析では5分足の分析をしっかり身につけることが最も重要な事です。

何故なら、相場変動は短い時間軸から長い時間軸に向かって伝わる、伝播するので
相場変動の振幅の最初の段階をしっかり分析する必要があるのです。


相場が反転する初期の段階で、他人より1秒でも早く正方向に向かってエントリーしたトレーダーが
最も有利な取引を進めることができる事は明白でしょう。


このことはエントリーする場合もそうですが、手仕舞いをする場合にも当てはまります、
つまり他人よりいち早くエントリーして、他人よりいち早く手仕舞いする事が、
利益を最大化すると同義語だからです。


いくつかの時間軸で分析を行い、エントリー方向を確認したら必ず5分足で詳細を見ながらエントリータイミングを計り、ある程度の時間経過を見ながらいくつかの時間軸で成り行きを分析し、
利益の限界(振幅の限界)が近づいてきたら、再度5分足で最終的な手仕舞いタイミングを計ります。


しかし、テクニカル分析が正しく行われても、やっぱり勝てない人があります、
それは分析の問題ではなく、資金管理やリスク管理あるいは個人の性格的な問題に起因することが少なくありません、好き嫌いの激しい性格、わがままな性格、他人が自分に同調しないと怒るような性格、【チャートよ何で俺の思い通りに動かないんだあ・・!!】と言う訳です。



2015年9月12日土曜日

宇宙ステーションからFX取引を楽しむ!

◆9月12日週末の土曜日と日曜日がやってきました。

土日はもちろんFX取引はお休みですが、貴方の場合はどのようにお過ごしでしょうか?


私の場合は、週間取引結果の反省と取引システムの問題点についての検証を通じて必要があれば分析システムの組み合わせやプログラムの見直しを行います。


今週の取引に貢献した分析システムは、新しく組みなおした分析システムで4機種の基本プログラムと時間軸専用の5機種プログラムの組み合わせになります。


まず4機種の基本プログラムは、NTS-MACD'ZS、NTS-8HLH,NTS-8HLL、NTS-BSS120、以上4機種です。


もう一つの時間軸専用プログラムは、今回初めて採用したNTS-PDPSonarを分析に必要な時間軸チャートにセットする事で取引システムの全体が構成される仕組みです。


これらの新しい分析システムは、NTSのFEOS会員資格を継続している方には無償でグレードアップをおこなっていますので、心当たりの方は是非お問い合わせ下さい。


この10年近く毎日のように分析プログラムと取り組み改善されてきた分析システムの目標は100%の完全な取引を行う事に向けられています。


NTS会員の方もそうでない方も100%の完全取引を目指すならNTSのYOUTUBE番組を良く見て検証を繰り返し行う事をお勧めします。


本当に良いシステムツールを使用すれば、FX相場の全体像が見えてきて視界が広がり自由自在の取引を進めることができるようになります。


FX取引が博打のように見えたり、当たるも八卦のように占いのように見えたり、するようではまだまだ先は遠いといえるでしょう。


あるいは野球で言えば甲子園でホームランを5発や10発叩き出しても、それは運が良かったりまぐれ当たりの成果では今後もウンを天にまかせるしかない事ですすむでしょう。


FX取引は地球規模ですから、宇宙ステーションから相場を眺める位置に立たないと相場の全体像はみえてきません、性能の悪い分析ツールを使うために理論で回りを塗り固めるような情報からは何も成果は出てこないでしょう。


使えば使うほどに成績が向上する腕が上がる、そのような分析ツールを最初から捜しましょう。