2015年7月6日月曜日

FXはパチンコと同じ博打ですよ!(はあ?)


◆人が集まると世間の景気の話になります、年金の話になります、
それだけ庶民が生活の安定について考えていると言う事なのでしょう。

私が【FXをやっている・・・】と言うと、(デイトレですか・・・)
(私もFXをやった事があるけれど、あれはパチンコと同じ博打ですよ!)と口を揃えて経験者は言います。

そこで私の答えは、【ああ、それは何者かに洗脳されているからですよ!)と答える事にしています。
(ええっ?どういう事ですか?)
そんな風に話の続きを聞こうとする人には、私は答えます、

FXがパチンコと同じと言うけれど、それはそれでよいけれど、
パチンコは朝の10時に開店して午後の11時に閉店する、だからその期間に勝負を決めなければならないのですね、

その事から考えるなら、FXは月曜日の朝開店して、土曜日の朝に閉店します、
だから、パチンコと同じ感覚なら当然、勝負の期間もがツ曜日の朝から土曜日の朝までを考えているのでしょうね。

(????・・・デイトレじゃあないの?)

勿論貴方がどうしてもデイトレにこだわり、その日のうちに勝ち負けを決めたいのならそれでも良いのですよ、
しかし考えてもみなさい、
パチンコは仕掛けられたプログラムに向かってお金を注ぎ込み続けなければ結果が得られない、
しかし、FXには仕掛けられたプログラムは無く、世界中のトレーダーによる合意の下に勝負が進むのです。

貴方がFXがパチンコと同じと考えているのは、何者かにそのように洗脳されているか、
あるいは、自分自身が思い込んでいるだけなのです。

あなたの人生が、ここ数ヶ月で終わると言うのならともかく、
FX投資の結果が出るのは、出すのは、1週間単位とか、1ヶ月単位とか、1年単位で考える事はできないのですか?

30年もの気の遠くなるような住宅ローンを持っている人の場合はどうなのですか?
FXの損金が100万円になったところで、住宅ローンほどの金額ではないのではありませんか?

住宅ローンは、別のところで稼いで償却しなければなりませんが、
FXの損金は、ほとんどの場合10年以内にはゼロになり、プラスになる可能性が高いのではありませんか?

それでも反論する人の場合は、FX取引は諦めたほうが良いでしょう、
FXは【売買しなければならない】と決まっているとでも思い込んでいるのですね、

株の場合は、会社が潰れてゼロになる可能性も高いですが、
FXの場合は国家が潰れてなくなる可能性は非常に低いです。

単独の会社の経営方針や、単独の国家の金融政策によって取引市場が無くなる可能性は非常に低いものです。
もちろん、国家間の情勢や国際的な情勢で変化する不安定な部分はありますが、
パチンコと同じ列に加えるなど、全く無知の産物でしかありません。

専門的な知識は、非常に入り組んでいますから、
何事も鵜呑みにしないで、本当の正しい知識を積み重ねる事が、あらゆる世界で長く生き残る条件ではないでしょうか?