2015年2月28日土曜日

◆スキャル売買専用分析システム2機種が完成しました!

◆スキャル売買専用分析システム2機種が完成しました!

貴方が待ち望んでいた物とは何でしょうか?
もちろん高確率で売買できるチャート分析システムでしょう。

デイトレの売買確率が悪くなるのは、相場がほとんど動かない時間が長い場合であり、
レンジ相場が長く続くと指標の指標能力が大きく低下します。

つまり、M15指標が表示されてから次の変動段階に入るまでに5時間、10時間のレンジ相場が続くと先の指標は意味の無い指標となってしまうのです。

この事を防止あるいは軽減するためには、
相場変動に対する表示時間の短いM5チャートやM1チャートで判断する売買を行えば良いのですが、
M5チャートやM1チャートで正確に指標するツールは皆無と言っても良いでしょう。
NTSでは、M1チャート専用指標システム、M5チャート専用指標システムを開発しました。
このシステムの用途は、パート勤務の社員でも日勤で確実に利益を上げる事を目的としたものです。

相場変動にトレンドが起こるのは日本時間の深夜から明け方にかけてが多いため
社員の勤務時間の割り振りはFX取引を業務とする会社にとっては悩みの種となっているでしょう。
しかし、M5チャートやM1チャートでのトレードには大きな危険性も伴います、
小さな相場変動から利益を上げるためには大きめのロット数取引が必要なため、
判断ミスや設定のミスはそのまま大きな損金となる可能性を含んでいるのです。
そこでNTSが開発した、M1チャート専用指標システム、M5チャート専用指標システムが威力を発揮すると言う訳なのです。


その分析指標性能はトレーダーの誰もが納得する相場理論に基づいて設計されており、
相場変動を見ながらチャートを分析するとはどのような意味を持っているのか、そして、
相場変動をいくつかの段階に分けて階段を上り下りするように体感的に相場変動の実際を学ぶ事でできるシステムとなっています。

この指標システムを使いこなす事により、
デイトレも期間投資もその延長線上にあることが確認され、全てのトレードスタイルを満喫できるでしょう。
来週より実際の運用方法例の動画を動く相場を見ながら作成する事としていますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。

2015年2月27日金曜日

◆定年から始めるFX取引成功への道(2015-03)

◆定年から始めるFX取引成功への道(2015-03)

日本のFX取引に取り組む人口はどの位いるのでしょうか?
これは個人の場合の考え方ですが、金融関連の会社だけが為替市場に参入しているだけでなく、個人もまじえた市場である事が面白いですね

資金の面では、色々の情報がネットにもありますが大体100万円から150万円と言う説が多いようです。
私の場合は3万円、5万円から初めて現在に至っていますので、初期から100万円以上を投資しようとは思いません。

特に外国会社の場合では、1万円からでも始めることができるので、最初は少額資金から初めて練習を積むという考え方の方がお勧めです。

◆FX取引の成功条件は色々とありますので、混同しないように得られた情報を整理して項目別にメモを取る事がベストでしょう、
まずは、取引プラットフォームについてできるだけ熟知する事が重要です。

プラットフォームで使える罫線分析ツール、自動売買ソフトの種類や設定の方法

資金のリスク管理など多岐にわたる注意事項や重要な事項を箇条書きで保存して手元に置いておきましょう。

◆ほとんどの場合、FX取引で勝つための研究をするのですが、私の場合は負けない研究を先に進める事をお勧めします。
これは同じ事のように見えますが、実際は全く違う事が後になってわかるでしょう。

FX取引でまけるのは、ほとんどの場合、無理な利益目標を進めようとする事にあります、
最初から生活費を稼ぐとか、之くらいは必要だと言う設定を組んで取引を進めると、どんなに勝てる技術を学んだとしても負けるでしょう。

貴方がどうしてもFX取引で利益を上げ続けたいのであれば、
最初から、あるいは普通では勝てないと悟った時点から発想を転換する必要があるでしょう。

M15チャートで駄目であったなら別の時間軸に変更するとか、多数の時間軸をみながら判断する事を身につける必要があります。
同じように勝とうと思って取引を進めるのではなく、どうしたら負けないのかを考えるように発想を転換すると言う事なのです。

◆最終的に勝てる取引を進められるまでには、多くのハードルを超える必要があるのは確かな事です、
いかに情報を整理整頓するか、その情報を活かせるか、
そして、最終的には有能な分析ツールを手にして、使いこなすまでの過程を乗り越える必要があると考えます。

以上のような問題点を解決するために指標プログラムと取り組んできましたので、
NTSの製作したYOUTUBE動画を注意深く見る事をお勧めします。



2015年2月22日日曜日

◆定年から始めるFX取引成功への道(2015-02)

◆定年から始めるFX取引成功への道(2015-02)

◆最初に私がFXの情報に触れたのは、FX市場で自動的に資金を増やせるプログラムの紹介記事でした。

3万円とか5万円の資金から始める事ができて、しかも、自動的に資金が増えて行くと言う夢のような事が本当にできるのか?
そんな疑問も当然あったのですが、5万円くらいなら駄目でも、どうって事無いという軽い気持ちもあったのです。

早速、自動売買ソフトを購入して、FX会社と契約して、MetaTrader4をダウンロードして・・・と忙しい毎日でしたが、
夢があるのでかなり舞い上がった気分だったのだと思います。

しかし、現実には説明のようにはなりませんでした、
何度か口座を破産させながらも、MetaTraderの研究を進めながら、自動売買ソフトにも興味を抱き、
数冊のプログラム関係の本を購入し、プログラムの研究にも手を染めることになったのでした。

それまでに、過去10年以上ネットにはホームぺージを持っていましたし、
各種のアフィリエイトにも参加して、色々のソフトにも触れていましたので、自動売買プログラムに進んだのも、
凝り性の性格も手伝ってすんなりと飛び込む事ができたのです。

最初は、色々のMetaTrader専用のプログラムをネットで集めて改造する事から始めました、
パソコンに付きっ切りで徹夜をする日も数多くありましたが、何とか動くプログラムを完成するようになり、
MetaTrader4の研究も進み、ネットに散乱する偽者の情報や、詐欺師たちの情報にも数多く触れてきました。

やがて、FX取引でも勝ったり負けたりしながら、資金が長く続くようになり、
自分で独自に研究開発した指標プログラムを作成できるようになったのは、始めてから2年も過ぎた辺りからでしょうか。

自動売買プログラムも数百種類を作成し、そのテストや何かでずいぶんと時間を使ってしまいましたが、
自動売買では、特定の通貨ペアでは有効であったり、同じ通貨でも時間や変動パターンでパラメータを変更しなければ利益を上げ続ける事ができない事に気づき、
無駄な時間を浪費するよりも、確実なチャート分析による裁量取引に主眼を置くようになりました。

FX取引で成功するための条件とは何か?

誰にでもできて、絶対に負けない取引手法とは?どんなものなのか?そしてそれは存在するのか?

そんなものある訳ないだろう・・・そう思いますか?

でも、それがあるんですねえ、しかも簡単な方法です。


これまでの数年間、何故この事に気づかなかったのか?いいえ、考えてはいたんですがただ実行していなかっただけなのです。

現在、その売買方法を実行してから2ヶ月になります。
今のところ一度も損切りしていませんし、一度の損金も発生していません、全ての取引が利益です。

勿論之までに遣った研究費や無駄な取引の損金を取り返したいので、ライブ口座で取引を進めています。

この日記をいつまで続けられるのかは判りませんが、
この日記の内容を動画で説明するための準備も進めていますが、これは自分の身内、または将来の私の社員に説明するためのものですから、
ご披露できるかどうかは条件が必要だろうと考えています。

日記は土曜日と日曜日を利用して書く事にしていますし、
動画の作成もありますので進みは悪いと思いますが、今後同じ題名のYOUTUBE動画を見つけたらご覧下さい。

それでは今回の情報はここまでとして、
明日からの取引の作戦を練る時間となりますので、次回の記事をお楽しみ下さい。

定年から始めるFX取引成功への道(2015-01)

◆皆様こんにちは、2015年2月、これまでに私が経験してきたFX取引の世界のご紹介です。

私がFX取引に取り組み始めたのは60歳になってからでした、
長寿高齢化社会、ともすれば、それは社会にとって非常に悪い事のように報じられてきましたが、そこで私は考えたのです。

何を言っている!テレビや新聞を編集している馬鹿者たちめ、まだまだお前たちに負けはしないぞ!

もちろん、自分の健康状態と相談の上ですが、私たちの子供の頃、若かった頃、

あの当時からは食料事情も変わり、医療技術も進み、日本人の人生50年はもう昔むかしの物語となったのです。

人生80年、人生90年をどう生きるのか?そのように考えなければならない時代を迎えているのですよ。

社会に見捨てられたから、世捨て人のように今後を生きるのか?

それとも、自分のたどってきたこれまでの人生の魂の結集を発揮させてみようと考えるのか?

それとも、自分の人生で見る事のできなかった夢を実現させたり、やりたかった事を目指してもう一頑張りするのか?

それとも、これまでの自分の人生で全く経験できなかった新しい世界を味わうための道を歩いて見るのか?

色々の考え方があるのではないでしょうか?

人間の命はいつ何時終わるかもしれない、それは子供であろうと若かろうと、年を取っていようと関係のない事です。

もうこの年だから座して棺おけを待つばかり?・・・では余りにも情けない人生ではありませんか。

風をひきやすかった私は、ある時から自分の健康を守ろうと”養命酒”を飲む事にしました、

最初は手がむくんだりして、副作用みたいなものがありましたが、それを乗り越えるといつの間にか病気知らずの体になっていました、
そのほかにも色々の健康食品を試しながら自分の健康を維持すると言う事に自信を持てるようになったのです。

このまま健康で80歳、85歳まで生きるのなら何をすればよいのか、何をすべきなのか?

それは人それぞれに考えが違うのでしょうが、私はFX取引に挑戦する事を選んだのです、何故なら、
インターネットに繋がるパソコンが1台あれば、誰に迷惑をかける事も無く、誰の手をわずらわせる事も無く、
密かに自分の全能力を傾注する事ができる世界である事が最大の原因でした。

そんな訳で、今ではFX取引が私の人生の結集であり、人生の友達であり、

自分の能力の全てを試す事もできる素晴らしい世界となりました。

2015年2月16日月曜日

◆指標プログラム作成支援情報

◆指標プログラム作成支援情報

これは指標プログラムを作成する、または既成の指標を改造するスキルのある人向けの内容になりますが、
まず指標を作成したり利用する場合には、指標に個性を持たせると言う考え方を採用するべきでしょう。

指標の個性とは何かと言うと、指標を利用する場合にただ移動平均を表示させるとか、バンド幅を表示させると言う事ではなくて、
その指標の意味をしっかり確認して別の指標との協力関係をしっかり組み立てると言う問題になります。

例えば、移動平均線の場合では、12Periodと24Periodのラインを比較するだけでなく、
それがそのチャートで表示し意味する事をしっかり確認認識しながらパラメータを設定すると言う作業を行うと言う事ですね。

H1チャートで12Periodは12本の平均であると同時に12時間価格と言う意味がありますし、24Periodは24本平均であり24時間価格ラインとなります。
そのままM15チャートに切り替えた場合には、自動的に4分の一の意味を持ったラインとして変化しますので、
ラインの時間感覚を見るためには当然パラメータを修正しなければなりません。

M15チャートで12時間は48Periodとなり、24時間は96Periodに修正する事で、H1チャートのライン状態と感覚を同一視する事ができるようになります。

このように指標にパラメータの変更が出来るように設計されているのは、
時と場所に応じてパラメータを変更して修正し、自分の目的に合わせなさい修正しなさいと言う事なのです。

FX取引プラットフォームでは、時間軸チャートがあり、それぞれが基準とする時間が違うのだと言う事です。
時間を長さに変えると、15cmを1と数えますよ、60cmを1と数えますよ、240cmを1と数えますよ、と言う事なのですから、それを全て同じ物差しで計る事が、
正確な予測を導き出す事につながるのか?と言う様に考えて見ればすぐに結論は出るのではないでしょうか?

本日は指標プログラムには個性を持たせるべきである、そういった設計をするべきであるという問題に触れてみました。

皆さんの考えはどうなのでしょうか?

いずれにしても終わりよければ全てよし・・・勝てれば問題は無いと言う事なのですが・・・・・。


◆以上の事が理解できるようになったら、次の問題を解決しましょう。
貴方が使う指標は何の目的を持っているのか?と言う問題です、ほとんどの場合それは問題視されていないようにも思えますが、

M15チャートで取引を進めるためのA指標、H4チャートで取引を進めるための補助的役目を持たせるM15チャートのB指標、
つまり、これは指標の目的が違うのです、目的が違えば当然パラメータも違ったものになるはずです。
これをNTSでは指標の個性、指標の目的に合わせた個性と呼ぶことにしています。

2015年2月14日土曜日

身分に相応したFX取引が利益を生み出す!

◆FX取引に関する必勝アイデア

FX取引で利益を上げたい、だけどテクニカル分析とか面倒で研究しないで勝てる方法は無いのか?

一般的に勝負事というのは、勝ちたいと言う欲望だけが先に走る場合が多いようです、自分の能力を十分に発揮しながら勝負に挑むという事から出発すると勝負に対する研究が必要となります。

でも、経験の無い勝負事でも素人感覚で始めてみると思いのほか簡単に勝ててしまう場合が多い事も事実なのです。

生まれて初めてパチンコをしてみたら大もうけしちゃった!


生まれて初めて当てずっぽうで馬券を買ったら大穴で大儲けした!


FXでも同じ事が起こります、FXなんて知らないけどこれ上がるんじゃないの・・・ほうらやっぱりね!こんな事で儲かっていいの!


そんな【時の運】を継続させる事ができれば、何もテクニカル分析の勉強や研究はしなくてもどんどん利益を上げられるはずです。


勝負事は勝ちたいと思うと負ける、負けると悔しい、負けると意地になる、賭ける金額を増やして見る、更に悔しさと意地が頭を持ち上げる・・・と言うような負の連鎖が起こる可能性が高いのです。


それなら最初から勝てないと決めて掛かる、
10万円の元手で1円ずつ稼ぐ程度の事を考えて見てはどうでしょうか?


その方法は簡単です。

10万円以上の(もっと少なくても良いのですが)資金を口座にもっていたら、一つの通貨を選んでMetaTraderで、
チャートの形はお構いなしで、【買い0.01ロット】【売り0.01ロット】これを同時に発注しましょう。

それで、1週間程度ほうっておきますと、そうすると、どちらかが利益になっています、その利益を決済して、とりあえず第一回の利益を確保しましょう。

そのときに、反対のポジションでは損金が残りますが、そこから相場を考える事を始めます。

相場が元に戻ってくれれば、今の損金も利益に変わるはずです、
問題は時間を待てるかどうかだけなのです。

もし、ここでリーマンショックとか、ギリシアショックだとか、スイスショックが起こったとしても、10万円の0.01ロットなら、
痛くも痒くもありませんし、時間をやり過ごすだけでショックは解消されるはずです。

武士は食わなくても爪楊枝、無手勝つ流FX、

貴方が何を考えてFX取引を始めたのか?それが問題です。

時には知識や技術が何の役にも立たない事がある・・・事実

一度何も知らない、何も考えないFXから始めて、そこから新しい研究を始めると言うのも良いのではないでしょうか?

瞬間的に感じたものや、運を時に任せると言うFX取引手法もあっても良いのではありませんか?

そのために守る事は、どんなに相場が動いても絶対に破産しないだけの距離を保つ、つまり0.01ロットを両建てしておく事を守ることに尽きるのです。

身分に不相応な利益や栄光を求めなければ、
身分に相応した利益が自然に転がり込んでくる筈なのですが・・・。

2015年2月10日火曜日

◆相場変動を観測するために最適な場所は何処なのか?

◆相場変動を観測するために最適な場所は何処なのか?


そんな事を考えた事はありませんか?
相場変動には山あり谷ありで、でこぼこの道を自転車で(車でも良いのですが)進みながら、上り坂になったら【買い】を入れて、
下り坂になったら買った物を売り飛ばし、【売り】を入れて上り坂になるまで待つ・・・この繰り返しです。


動くものを観察する場合の自分の立ち位地について考察すれば、FX相場の観察位置もおのずと最適な位置が見つかるでしょう。


谷底から山を見上げる場所を選ぶのか、それとも山の頂上から全体を眺めるのか?
そんな感じですね。


FX相場の世界はMetaTrader4で9つの時間軸に区切らないと見えない程に広大なものと考える事ができますが、
取引を成功させる上では、必ずしも全てを完全に見渡す必要も無いので、それぞれがそれぞれに自分の場所を見つけて、
自分なりの分析結果によって取引を進める事になるでしょう。


ですから、他人の分析結果を自分に当てはめると言う考え方は見当違いとなる場合が多くなります。

相場に対する基本的な考え方の違い、相場分析に対する考え方の違い、資金の違い、チャートを見る時間の違いなど、
数え上げると沢山の個人的な違う問題を抱えていますので、

FX相場のように時々刻々と変化するものに対する解説や情報は誤解を招きやすいとも言えるでしょう。


M15チャートでの相場分析をそのままH1チャートに持ち込む事には4倍の開きがあるので無理があると言う事がその一例と言えます。

FX相場は動く物体と考えると、その動く物体の動きを観測するには定点観測が基本となるでしょう、
できれば3箇所の観測地点から観測した結果を照合しながら、結論を導き出す手法が最も一般的であり合理的な手法です。


これは現在のようにGPSによる地上の観測のようにデジタル化された観測手法ではなく、
昔のレーダーによる2点あるいは3点観測のほうがFX取引には向いていると考える事ができます。


チャートでは、縦軸に移動方向を表示し、横軸に時間の流れを表示しますが、
NTSテクニカル分析では、縦軸にも時間的な観測要素を組み込むためにバンド指標を好んで使用しています。


縦軸に時間を観測する指標の最適な物の一つとして、NTS-4HLBandがあります、
縦軸に24時間、48時間、72時間のように24時間間隔のラインを引くことによって、世界市場として動いているFX相場が理解しやすくなります。


同時に、時間軸チャートを変更した場合でもそのままのパラメータで時間間隔を保つ事ができるので、
他の指標と比較しても非常に優れた分析ツールであると言えるでしょう。


FX相場を正確に分析するための立ち位地、それは山の頂上も、谷底も見渡せるような独立した小高い丘に観測地点を設けて、

全ての動きのデータを収集し分析する事に徹する事で目的を達成する事ができるのではないでしょうか?