2014年11月6日木曜日

まだ時間軸を切り替えるテクニカル分析手法ですか?

◆完全なテクニカル分析を目指すNTS研究所では、これまで時間軸を比較して相場判断を行わなければ
正確な相場予測ができなかった問題を大幅に改善する指標を開発しました。

◆特定の時間軸チャート、例えばM15チャートにおけるテクニカル分析を完璧に行うには、
M15チャートの持っている特長を的確に掴んだ上で計算を行うのはもちろんですが、

各時間軸にはその時間軸が持つ計算結果に必ず宿命的なもの、それは特徴でもあり、欠陥でもあるのですが、
それを補正するためには、どうしても他の時間軸のデータを参照して最終的な判断を行う必要がある訳です。

◆この事が、ほとんどのトレーダーの相場判断を難解にしたり、理解不能な相場理論を研究しなければならなかったと言ってもよいでしょう。

◆この問題を一挙に解決できる指標の研究と開発は以前からすすめてきたのですが、最近になって新しい発想とアイデアにより、
いきなり問題が解決し、目的の指標が完成したのです。

◆NTS-Ayana-Overrall-Band_Ind_Pro
名称はバンド形式の指標となります、例によって8本のラインが、全ての相場状況を、どの時間軸においても一望できるというものです。

◆たとえば、M15チャートだけで短期から長期まで、全ての相場状況を把握する事ができますので、チャートを切り替える事無く、
正確で信頼性の高い相場判断を行う事ができる指標です。

もちろん、この指標でも全て万能ではありませんので、機能を補助する別の指標と組み合わせる事により、
さらに完璧な相場判断を行う事ができるでしょう。

組み合わせの場合は、前回にお伝えしたデジタル指標の、
NTS-Ayana-Thrust-Power8_Ind_Pro が最適です。