2014年5月30日金曜日

◆FXチャートの正確な計測方法について

◆FXチャートの正確な計測方法について

◇FXチャートを計測する目的は、当然ながら売買ポイントあるいは手仕舞いポイントを特定する事が目的です。 ほとんどの場合、計測する=分析するでなければならないのですが、 実際には固定観念にとらわれた計測方法を採用していたり、目的に合わない計測機器を使用したりしています。

◇その事が、チャートを分析して売買ポイントを知る事や予測すると言う目的と合致していない場合があります。 さらにまずい事に、FXチャートが時間軸で区切られている事と関連して分析の方法や分析結果を判断する事に混乱をきたしている、 と言う結果になっている場合もあるのです。

◇時間軸の問題はここでは保留にしておいて、一般的に計測する作業の合理化について考える事にしましょう。 FX相場は上昇するか下降するかの2つの方向性を確認し計測し、予測する事に役立てると言う目的を持っています。

◇FX相場には限界が設定されていないので、原則的には無限の計測ツールが必要と言う訳なのですが、 限界が設定されていない、限界が特定できないものを計測するには、どうすれば良いのか? と言う問題を考える必要があります。

◇計測するものは、上昇の幅又は下降の幅なので、長さを計測するという事です、 相手が得体のしれない物体で長さを特定できない場合には、たった一つの計測器では無理があるのではないかと考えるのが常識的でしょう、 その結果、どのような方法を取るのかと言うと、 mm単位の物差し、cm単位の物差し、m単位の物差し、10m単位の物差し、を並べて計測する事が考えられます。

◇ここで反論が出てくるでしょう、そんな事をしないで良いように時間軸が区切ってあるんだよ!

◇もちろんそうですね、でも時間軸を切り替える事で正確な相場予測ができるのですか?できたのですか?・・・と私は聞きます。

◇ここで問題定期できるのは、貴方が何を知りたいのか?を特定しなければならない・・・と言う事です。 1時間先の相場なのか?1週間先の相場なのか?1ヶ月先の相場なのか?1年先の相場なのか? 何故なら、その目的によって計測するものさしも当然変わってくるはずだからです。

◇その物差しの不適切さが相場の予測を狂わせる原因となっている事に気づくかどうかでトレーダーの将来は決まってきます。 M15チャートの判断がうまく機能しないのは、D1チャートを無視しているからです。 D1チャートでの判断がうまく機能しないのは、W1チャートやMNチャートを無視した判断を行うからです。

◇つまり、限界の設定されていない広大なFX相場の世界で、 自分の立っている位置を自覚できていない事に全ての原因はあると言って良いでしょう。 この問題を解決に導く糸口として、たとえM15チャートであろうと、 mm単位、cm単位、m単位、10m単位、100m単位の物差しを並べて計測する事を提唱しているのです。

◇ここではFXチャートを分析すると言う事に対する基本的な姿勢を語っています。 これらの各種の計測ツールはNTS-FOREXですでに開発済みです。


2014年5月27日火曜日

◆今回は価格の限界値を設定すると言う課題についてです。

◆今回は価格の限界値を設定すると言う課題についてです。

NTSの会員の皆様には各種のバンド指標をご利用頂いている訳ですが、 HLバンドはもう使い慣れた指標になっている事と思います。

HLバンドは名前の通り、価格の高値(High)と価格の安値(Low)を計算して表示するバンド指標です。 このHLバンドを使用して価格の限界値を設定する方法について説明します。

価格の限界と言っても実際にはFX相場の価格に限界は無い訳です、 限界は決められていないのですが、限界のないテクニカル分析では、頼りなくお話になりませんね、 それで、ここでは暫定的な限界値を設定しておき、その限界値にどの程度近づいているのか? それを設定する事で、テクニカル分析の全体的な目安を得ることができると言う考え方で進めましょう。

HLバンドは、一般的なSMAラインのようにチャートのローソクの間を縫うようにラインを描くのではなく、 ローソクを取り囲む形でバンドを形成しますので、 Enclosed Average, Enclosing Average,と呼ぶ事にしています。

ここでは、価格変動の途中経過ではなく、あくまでも変動の限界を観測するための装置と考えてください。

FX相場の価格変動の限界値を観測する、計測すると言う考え方は、そのまま最大利益を得ることに繋がりますので、 実戦的にも非常に重要な課題なのです。

それでは、価格の限界値を設定する上で重要な事は、時間軸チャートに関する問題です。 常日頃から私の考えはD1チャート、日足を基準にすべきだと提唱しています、 それは、地球が一回転してFX相場に参加する世界中の人々や会社の意思がデータとして出揃うと言う意味にほかなりません。

ですから、FX相場の価格変動の限界値を観測する場合も日足チャートを基準に設定する事にします。 まず日足の最低単位は1日ですから、1日以下の単位は用いることはできません、 1日の次の期間区切りは1週間(5日)単位を用います、5の整数倍で考える事にしますが、 ここでは、価格変動の限界値、すなわち最大振幅を暫定的に決めておこうと言う考えで進めるので、 1ヶ月の変動幅を単位に用いる事が合理的でしょう。

5の整数倍で1ヶ月は25、半年なら150、1年なら300で暫定的な変動限界値として良いでしょう、 HLバンドのパラメータを150Periodと、300Period、の2つをチャートにセットします。

そうすると、半年の高値と安値、1年の高値と安値のラインがチャートの上下に引かれます。 半年のラインを突き抜ける相場であるなら、次は1年のラインに向かっているのだとわかるようになります。

ここまでの説明はD1チャートの説明ですが、そのままH1チャートに切り替えた場合には、 150時間(6日)300時間(12日)となるのだと言うことはしっかり頭に置いてください。

次にM15チャートに切り替えた場合には、150×15=2250分÷60=37.5時間=1.5日となりますね、 300Periodラインは、その倍数となります。

以上の2組のHLバンドを設定しておく事により、ラインの色を変えておけば、 現在の高値は、半年の高値で反転したのだとか、半年の高値を乗り越えようとしているので、 かなり強度の上昇勢力があるのだと簡単に計測できるのです。

同じように、いくつかの通貨ペアにこれを設定して置く事により、 通貨別の相場変動の癖や習性を見ることもできるでしょう。

最大の利点は、通貨の大きな長期的な折り返し地点を特定できる場合もあるので、 エントリーしておいて、半年、1年の長期投資に利用できる特典も付いていますので、 是非、暫定的な相場の最大振幅の計測装置をチャートにセットしておく事をお勧めします。

NTS-FOREX会員サイト

2014年5月24日土曜日

FX勝者を維持するために必要なもの第三回

◇FX勝者を維持するために必要なもの FX取引で1習慣利益を上げ続けた、1ヶ月利益を上げ続けた、1年利益を積み上げる事ができた、 それはそれで良いのですが、問題はその先の事です。

◇物事は始めるのは簡単、辞めるのも簡単、維持する事が最も難しくそれが問題点なのです。

◇自分の人生を維持するために人々は色々の努力積み重ねる必要があります、お金の問題だけでなく人間関係を維持する必要もあります、 そして、それらの維持するためのバランスを考えながら人生を積み重ねているのですが、 維持するレベルによって、それらの問題は大きく異なりますし、無理をすれば人生の破綻も経験する事になるでしょう。

◇FX取引も人生と同じようなもので、維持する利益のレベル、維持したい利益のレベルで問題は大きく異なる筈です。 FX取引に関する知識や技術のレベルを考えると同時に、取引現場における作戦や実行力のレベルも問題です。

◇FX取引に関する情報や意見や理論は数多くあるようなのですが、 いずれにしても、相場チャートを見ながら売買を進めるのですから、相場チャートをどのように分析するのか?が問題である事は間違いありません、 テクニカル分析はFX取引の役には立たない、それで相場は予測できないとする理論もあるのだそうですが、 [手前味噌のこじつけ理論]だけには惑わされないように気をつけましょう。

◇チャート分析で何が知りたいのか?まずそれを特定する必要があります。 1本のSMAライン、それは相場の流れを一本のラインに変更しただけであり、どこまでも相場変動の途中経過に過ぎません、 たとえSMAラインを5本10本と増やしても、それらのクロスを観測できたとしても状況は同じです。

◇途中経過と途中経過がぶつかりあっただけ、それをラインクロスとして売買ポイントとして利用する事に問題は無いのか? ラインとラインを再計算して、そのクロスを検出するシグナルラインを考案し表示させても、 やはり、それらは相場の途中経過を表示しているに過ぎないと言う宿命的なものから逃れることはできません。

◇FX相場で売買を実行して利益を得るために必要な分析の目的は、 相場がどこで折り返すのか?ここが上昇の始まり、ここが下降のはじまり、それが最も重要で知りたい事なのではないですか?

◇もし、それが目的であるなら、SMAやEMAを使用した指標よりも優れた指標手段があるのです。 それは、最高値と最安値を監視するHigh&Lowバンドです。

◇High&Lowバンドを表示させる計算方式にもいくつかの方法がありますが、 ローソクのCloseを計算する事でバンドラインのブレイクアウトを観測する事ができます。 HLバンドもSMAの一種として分類する事もできますが、相場の流れの途中経過ではなく、 相場の折り返し地点だけを計測して表示する事に特徴があります。

◇相場の折り返し地点とは言っても、相場変動全体から見れば、それは小さな折り返し、中くらいの折り返し、大きな折り返し、 というように分類できます、そのどれを採用するのかと言う問題点を考えながらHLバンドの設計を考えます。

◇その先に見えてきたものは、SMAラインのクロスよりもはるかに確実な折り返しポイントの特定です。 NTSでは、HLバンドの研究を進めて、すでに全く別の従来のHLバンドよりも格段に優れたバンド指標を開発しましたので、 この一般的なHLバンドに関する情報を公開しています。

◇興味のある方は下記を参照してみては如何でしょうか?

YOUTUBE動画


最近のFX情報を検索してみました、それは余りにもおそまつな情報ばかりで・・・。

◇最近のFX情報をネットで検索してみました、それは余りにもおそまつな情報ばかり! 何が言いたいのか?何かを隠して遠回りの情報に終始していたり、 彼が、彼が、彼は、彼は・・・と自分の経験や自分の意見ではない事を強調しているかの文章が目立ちます。

そんな情報を元に取引を勉強しているつもりになっている人とはどんな人たちなのでしょうか?

彼はでなく、彼がでなく、私からの提言を聞いてください。

FX取引では勝つことよりも負けない事に集中した取引訓練を継続して行う事です。

その方法は簡単です、H4又はD1チャートで自分の考えた方向にエントリーしてH4では1日、D1では1週間待ってみます、

相場が反対方向に進む場合は、最初とは反対方向にエントリーして両建てとします、

この時、最も重要な事は取引ロット数を必ず0.01ロットとする事です。

そのまま1ヶ月成り行きを静観して下さい。そこから色々の取引のヒントを掴む事ができる筈です。

それができないと言うのなら、貴方の場合はFX取引は諦める方が良いでしょう。

どうです、簡単に実行できるでしょう。

FX取引に成功するための1000のスキル、500のスキル、20のスキルが必要だと仮定しましょう、 それは一つずつ階段を上るように身につけなければならない大事なスキルです、

しかし、その一つもスキルを身に付ける事もしないで先へ先へと進むので勝てないのです。

それはまるで、包丁の握り方もしらないで他人を感心させる料理を作ろうとしているかのようです、

それはまるで、スケート靴の履き方も知らないで、マオちゃんのようにフィギュアを滑るようなものです、

それはまるで、バットの握り方も知らないで、ホームランを打つことを願っているようなものです。

自分が世界の経済戦争の真っ只中に乗り込んで、たった一人で利益を上げることに四苦八苦している構図を思い浮かべてみましょう。 それを勇敢だと思うのか、それを滑稽だと思うのか、それを馬鹿げた行為だと思うのか?

そして、それらの問題をどうやって乗り越えるのかを真剣に考えましょう。

2014年5月23日金曜日

TS-BSSシリーズをご利用の方へのお知らせです。

TS-BSSシリーズをご利用の方へのお知らせです。

NTS-BSSシリーズは、YOUTUBEでも紹介しているように5機種を配布販売してきましたが、細分化した売買シグナルは混乱を招く場合も多いことからパラメータ設定を検討してきましたが、

1機種だけでほぼ完全なシグナルを得ることのできるパラメータを見つける事ができました。
RISK=9 CountBar=1200 NTS=6 に設定してください。
バージョンによっては名称が異なる場合がありますが、3つしかありませんので、上から順番にと言う事で理解していただけば良いでしょう。
M15からD1まで、売買シグナルとして活用できるパラメータ数値となっています。
少し不安の残る場合は、 3-120-3設定と併用する事も行ってみてください。 人によっては、このシグナルだけで他の指標は何も使わないと言う方もいますので、お試しください。
尚、チャート上のシグナル表示の大きさは、パラメータを呼び出し、(色の設定)画面で矢印の色と(幅)で大きさを変更できますのでお知らせしておきます。

2014年5月22日木曜日

お問い合わせに対する回答

問い合わせにお答えします。

NTS-FOREXでは、ネットでお金を稼ぐ事は念頭にありませんし、 おそらく今後もネット上で積極的な宣伝や販売行為を行う事は無いでしょう。

◇ネットにホームページを開設しているのは、あくまでも会員向けのサービスのであり便宜を図る一つの手段として利用しているだけです。

◇FX取引や解析システムの研究は、仕事として取り組んでいますが、ネットに公表するHPやブログは趣味として捉えて頂ければ良いと思います。

◇新年度から始まったFXテクニカル解析システム学習プログラムについての回答です。

Ayana(Automatic), Multi-Band, Technical Indicators Prediction System、AMBTIPSプロジェクトと名付けられました。

◇名称の通り、自動バンドによる解析トレードですので、 指標システムのパラメータ変更無しで複数時間軸、複数通貨の取引を、完璧に進める事のできるプログラムとなっています。

◇今後のFX取引教習はこのプログラムを使用した教習課程となります。

◇これまでの経験から、幅広い取引形態をカバーする教習プログラムでは、取引初心者の方やチャートを分析して相場の予測を導き出すと言う事を非常に難解な問題と捉えている方が多いという傾向が強く、また、一般的な指標プログラムでは、それが正解でしょう。

◇そのような問題を解決するため、NTSでは時間軸専用の解析システム開発に取り組んできました、そして、それはすでに確立した解析技術として実際の取引に利用しています。

◇時間軸専用の解析プログラムでは、ほとんどの場合指標計算パラメータを変更する必要はありません、常に安定した分析結果を表示しますので、取引に専念する事ができますし、同じ指標システムで複数の通貨を常に分析し続ける事により、売買ポイントと手仕舞いポイントだけを同じスタイルで繰り返すだけです。

◇指標シグナルに常に従うだけと言う売買スタイルは、自動売買と比較しても全く遜色が無いばかりではなく、複数の通貨を自由にセットする事により売買頻度は高く取る事ができますし、その指標の確実性が高い事によりスプレッドを気にする必要もありません。

◇自動売買のように一定のロジックで相場変動を監視し、一定のSL:TP比による売買と比較すると、特殊売買シグナルによる取引では裁量による決済システムとなるので自動売買の10倍以上の利益を確保できるでしょう。

◇教習費用は出資可能な取引口座の資金額により1万円単位で選択できる事となっています。 1万円の資金総額の場合は、口座資金5000円、教材費5000円、 10万円の資金総額の場合は、口座資金5万円、教材費5万円、 それぞれ、50%の比率で取引スキルの教習を受ける事のできるプログラムとなっています。

◇上記についてのネット上の公募は行っていません、すでに数名の希望者による教習課程がスタートしていますので、ネットからお申し込みの場合は別途、資格認定を行ってからの参加となります。


2014年5月18日日曜日

■FX取引の勝者となるには何が必要か?第三回

■FX取引の勝者となるには何が必要か?第三回

FX取引で勝ち続けるには、他人の受け売りではなく、他人が作って他人が自慢しているEAを使うのではなく、 自分が納得して信頼できるテクニカル分析システムを手に入れて使い慣れる必要があります。

そうでなければ、必ずいつかは落とし穴に落ち込んだ状態で抜け出ることのできない状況になる事は必至でしょう。

今回はNTSが採用しているテクニカル分析の限界に焦点を当てて、その詳細の一部をお伝えします。

FX取引の形態、つまり取引スタイルにも非常に広範囲の考え方や方法がありますし、 また、テクニカル分析手法に至っては数え切れないほどの多くの方法がある訳ですが、参考値を下記に記します。

M5チャートでの解析限界はH1まで、1時間までを限界として分析に取り組みます。 M15チャートでは2段階上のH4まで、4時間までを限界として設定して分析に取り組みます。 これらの設定は全て、その時間軸の限界値に達したら上の時間軸で分析をすれば良いので当然の設定です。

H1チャートでの分析限界はD1まで、1日24時間までを限界として分析に取り組みます。 H4チャートではW1、1週間24時間×5日=120時間までを限界として分析に取り組みます。 D1チャートでは、D1チャートの前回と前々回の2周期の振幅期間とします。 W1チャートの場合も、D1チャートと同様に2周期の振幅期間とし、 MNチャートの場合も、上記と同様です。

このように、それぞれの時間軸による計測限界、分析限界を設定しておく事により、 限界を設定しない計測方法や分析方法を試みるより、はるかに合理的で正確な分析結果を得られるでしょう。

これは、上記では例えばM5チャートでの計測限界値は1時間までと設定していますので、 SMAやEMA、HLバンド等のPeriodでは、12本までとなります。

M5チャートで、500本1000本のローソクを計算に加えたところで何の意味があるのか・・・と言う訳です。 M5×500=2500分=41時間、そのような計算データを使用するよりM15やH1チャートで分析した方が合理的でしょう。

M5チャートで売買判断を行う、手仕舞い時期を予測する場合に、 5時間先や10時間先の結果を待って行動するとなると、それはとんでもない結果となるのは目に見えています。

合理的に解析結果を得るには、M5の限界に達したら、その上のM15に移動し、 M15の限界に達したらH1チャートにと言うように合理的な計測段階を設定しておいて、移動する分析スタイルを取り、 尚且つ、それぞれの時間軸に応じた計測限界の範囲内での詳細なデータと計測方法を追求する事により、 非常に正確な分析結果を得られる筈です。

GMMAラインシステムは、多数のSMAラインを引く事により、パラメータを変更する事なく複数の時間軸の計測結果を得られる物ですが、これも利用の方法を間違えたり、その意図が汲み取れないと、 ただ多くのラインの羅列模様を見るだけの物で終わってしまいます。

今回は、MT4の時間軸区切りを利用して合理的に相場を分析するには、 それぞれの時間軸の分析の限界を考えながら分析結果を得るような方向で分析プログラムを組み立てるべきである、 と言う説明をしています。

貴方のFX取引のスキルアップのお役にたてるかどうかは貴方次第でしょう。

Windowsの入れ替えに伴い、色々と作業が増えてきました、 次回の記事をお待ちください。

2014年5月15日木曜日

◆FXで勝利者となるには何が必要か?第二回

◆FXで勝利者となるには何が必要か?第二回

勝率を上げるために必要なのは、当然相場の予測確率を上げることにあるのですが、 言うほど簡単ではありません。

現在のFX相場は、4時間、5時間と利益を上げる事のできる変動のないレンジ相場が連続する事が少なくありません、そこから利益を得るには当然、5時間、6時間以上の先が読める解析システムを必要とします。

相場が活発な時には、・・M15やH1で比較的簡単なチャート分析でも利益を取る事が出来るのですが、・・ 5時間以上先の相場を予測するには何が必要なのか?どんなッールが有効なのかを考える必要があるのです。

5時間以上先の相場となると、 M15チャートでは20本先のローソクの状況を読み取り予測しなさい、と言う事です。

上がるのか?下がるのか?たった2つの選択肢なのに簡単でないのは何故なのか? それは、相場の状況に応じてトレーダーの心理状態が変化し、行動も変化するからです。

現在の状況判断と5時間先のトレーダーの状況判断は全く異なるワケですが、 それは5時間先に限った事ではなく、実際には刻々と変化していて同時にそれを考える国や人種や民族も変化するという、FX市場独特の問題が存在するという事にほかなりません。

しかし、どこかで決断し、どこかで売買行動を起こし、 決済時点で利益となる思考と行動をしなければFX市場から利益を得ることはできません。

そこで指標による分析を行うのですが、 どのような指標を使うとしても、それは100%ある一定の過去から現在までの相場のデータであって、 未来の相場を予測すると言う行動は、これもまた、100%個人個人の経験や思考力にかかっています。

結論すれば、相場が活発になるまでチャートを睨みつけながら自分で勝てる自身のある相場の出現を待つか、 それとも、解析システムを高度化して数時間先でも見通せるシステムを使用する2つの選択肢がある事になります。

後者を選択した場合には、 一般的には、[一定の過去から現在までの相場のデータ]を使用して[個人の経験や思考力]によって、 相場判断を行い、5時間先、6時間先に相場がどうなるのかを前もって予測する必要が必須となります。

しかし、個人的な経験を積み、相場に対する技術力や思考力を高度化するには、 最低でも3年、5年、個人の能力によっては10年以上が必要かも知れません、 何事においてもそれがプロの道ですから、それを納得して練習を積む以外に方法は無いでしょう。

それでは、FX取引で実際に利益を上げ続けている人の場合や例はどうなっているのでしょうか? FX相場に対して特別の能力を持っている場合と、 特別な相場を分析するツールを持っている・・の2つのケースが想像できます。

個人的な特別な能力は、その人のDNAや物事を経験した生い立ちにも関連しますので他人が望むべきはありません、 もう一つの[特別な相場を分析するツール]なら望みはあるでしょう。

NTSが開発発案したツールの中にそれが含まれています。 5時間先、もっと先の相場がどうなるのかを刻々と報告してくれるチャート解析システムです。

それを持っていると、 相場を判断しポジションを確保するのに10分程度、 その結果は当然5時間から数日後となり、時間的な余裕は有りすぎる程です。

貴方のトレードスタイルの構築や考え方の参考になれば幸いです。

NTS動画チャンネルの視聴者は少ないようなので、現在のところ動画作成は中断しています。 それでは、より良いトレードを目指して頑張ってください。

NTS-FOREX会員サイト

2014年5月12日月曜日

夢のFXチャート解析システムを求めている貴方への提言!

◆FXで勝利者となるには何が必要か?

FXに関する情報はネット上にかなりあるようですね、ようですねと言うのは確認している訳ではないので、 ・・・のようですね、と言っているワケです。 私に取っては何の関係もない他人事なので興味もありません。

しかし、勝てないトレーダーや、どうしても勝ちたいトレーダーにとっては、ワラにもすがる思いで、 それらの情報を追い求めているであろう事は推察できます。

現在のFX相場はほとんどがFXプロの売買で成り立っていると私は思っています、 数年前ならFX素人が多数参加していたので、ある程度の取引スキルで利益を上げることもできたのですが、 今ではプロ集団の中で利益を上げる工夫をしなければFXでは稼ぐ事ができません。

FXプロと同じ指標システムを持っていても、取引スキルや洞察力、情報力で負けているので稼ぐ事はできません、 あなたに必要なのはFXプロよりも優れた指標システムを持つことから始める必要があります。

銀行の資金運用担当者、証券会社の資金運用担当者、彼らの目標は年間20%以上の運用率、 そこで私が週間2倍、週間200%の運用率を語るとどうなるでしょうか?

[そんな馬鹿な!][そんな話しは聞いたことない!][夢のような話をするなよ!] それはそうですよね、年間利率0.05%程度を上回る運用率であれば認められる世界ですから。

つまり、同じFXの世界なのに自分の置かれた環境でFX取引に関する意識も目標も全く違うという事なのです。

貴方は1万円から1億円を狙った取引を目指している。

もうひとりの貴方は、100万円あれば生活費が稼げるのではないかと考えている。

もうひとりの貴方は、銀行金利を上回ればFX取引は成功だと考えている。

その差は非常に大きいですね、 そんな意識の隙間、技術の隙間、感覚の隙間に取り入って利益を出そうという人々や会社でネットは賑わっているようなのです。

それはそれで良いですよね、詐欺を働こうと、人を騙そうと言論の自由、表現の自由が認められていますから、 昔なら[騙した奴が悪いのか、騙された奴が馬鹿なのか?]と言う歌まであったのですが、 今の世代では、[どちらも利巧もの!]と賞賛される時代ですから何も言うことはありません。

それで、貴方はFXプロを上回るチャート解析システムを持っていますか?

時代遅れの陳腐な解析システムでは絶対に勝てませんよ!

それは、素人であろうとプロであろうと同じです、時代遅れのチャート解析は何も生み出す力はありません、 私が言っているのは日本のプロと言う意味ではありません、 世界のFXプロの話をしているのですが、意味がお分かりでしょうか?

私が求めているのは、1週間のFX勝利ではなく、1ヶ月のFX勝利ではなく、1年のFX勝利ではなく、 FX市場がある限り勝利し続ける勝利者の道です。

その目標が達成された時に世界の経済革命が起きることは必至です、 何故なら、何も勉強したり、研究したり、努力をする必要もなく自分の人生を自由に設計出来るからです、 地球の国々の通貨を自由に稼ぐことができる、それは世界の人類の目標を一変させるに足りるでしょう。

素晴らしいNTS-FOREXのチャート解析システムは夢のあるシステムなのです。

NTS-FOREX会員サイト

2014年に入ってから試行錯誤を繰り返してきた解析システムの改良がようやく纏まりました。

◆2014年5月の新しいチャート解析システム案内です。 2014年に入ってから試行錯誤を繰り返してきた解析システムの改良がようやく纏まりました。

今回の解析システム名称は、NTS-Ayana-DBシリーズとなります。

◇その殆どはこれまでに使用してきたNTSプログラムの見直しと、実際のライブ取引を進めながらの改良点の見直しでした、特に注目すべき点は時間軸専用化を進める事にありました。

◇プログラム開発では、広範囲の時間軸でより確実な予測結果を得る方向と、逆に時間軸専用とする事で良い結果を得る方向との2つの方向性があります。

◇今回の解析システムでは、その両方の特徴を併せ持った欲張った設計となっています、全体で10機種のプログラムをチャートに投入しますが、これらは全て機能の重複はありません。

◇それぞれのプログラムを単独で使用する事も可能ですし、単独でも十分な予測結果を導き出す事ができます。

◇単独でも十分な指標性能を発揮できるプログラムを10機種組み合わせた事により、全ての時間軸での予測性能は十分であり、しかも、時間軸を切り替えた相場判断は更に予測機能を延長する事ができます。

◇この解析システムの機能を十分に発揮するには、プログラムによって表示する時間軸をあらかじめ設定しておく事によって、時間軸専用での機能性と、時間軸を切り替えて相場を判断する2面性をカバーする事ができます。

◇例えば、分足で数時間先以上の数日、数ヶ月の指標を行ったところで何の意味もないと言う事です。

◇時間軸を繰り上げることで、当然相場変動を表示する時間単位が長くなると共に、予測時間も長期的なものになります。

◇簡単に言えば、通常なら同じ物差しで9つの時間軸を指標していたのでは正確な相場の予測はできないので、時間軸を切り替える毎に計測器も自動的に、それぞれの時間軸に適合したものに切り替える事によって、より正確な相場予測を引き出そうと言う発想に基づいた設計としていると言う事なのです。

◇この解析システムを導入するに当たっては、全てのプログラムを一時に導入する必要はありません、大きく分類すれば、分足、時間足、日足、の3つの分野での専用システムとして導入する事も可能です。

◇また、取引の初心者の段階では多くの指標を同時に使用することには抵抗感があったり解析が難解であると言う問題もありますので、そんな場合には指標を学ぶと言う導入に際しての順番も考慮してあります。

◇NTS-Ayana-DBシリーズの導入のお問い合わせは、以上のことを考慮して詳細な取引状況を説明してお問い合わせください。

NTS-FOREX会員サイト

2014年5月8日木曜日

■テクニカル分析を行う上で、その範囲はどのようなものなのか?

■テクニカル分析を行う上で、その範囲はどのようなものなのか?

チャートに表示される現在の価格や価格変動を計測して今後の相場を予測すると言う作業がテクニカル分析です。 計測するのですから、あらかじめ計測範囲を設定しておく必要があります。

MT4に表示される価格データはどのようになっているでしょうか?考えたことありますか?

ティックチャートでは秒単位の価格が表示できます、そしてMN時間軸ではそのままだと10年程度ですが、 画面をスライドさせると最大20年から30年程度のデータを見る事ができるようになっていますね、 これらの価格変動データは全ての要素、 つまり一般的にはテクニカル分析とは切り離して考えられているフェンダメンタル要素も含む総合的な価格変動データです。

一度は、貴方が取引する通貨の過去をさかのぼって見ておくことをお勧めします、 世界各国の通貨の売買状況、取引高が如何に大きく、その変動幅の大きさを見る事ができるでしょう。 FX市場取引で失敗する原因の一つとして挙げられるのは、FX相場の広大さを知らない、なめて掛かっている、侮っている、 などもあるのではないかと考えられるのです。

それはどう言う事なのか?と言うと、 6000mの深さの海で、100mの物差しを持って計測する作業を行い右往左往している構図に似ています。 それでは表面上の事しか計測できず、そんな計測器をもってここが天井だ、ここが底値だ、そういう意見は役に立たないと言う事です。

NTS-FOREXではテクニカル分析を研究していますから、最大30年前のデータと現在価格を比較する事のできる計測器を用意しています。

そんな必要があるのか無いのか?の議論はここでは置いておく事にして、 現在のEURUSDの相場をMN時間軸で見てみる事にしましょう。

現在の価格は、1.39460であり、前回の高値は通り越しているので、価格はどこに向かっているのかと言うと、 前々回3年前の2011年5月の高値である、1.49357当たりではないかと推察できます。 ちなみに前回の安値は、2012年7月の1.20414から上昇してきている事が読み取れるでしょう。

上の例では、2012年7月から2014年5月までの期間であり、1.20414から1.49357の価格範囲での予測が必要という事になります。

M15チャートで上がった下がったを論じることと比較してどうなのでしょうか? 最低限と最大限を経験による感覚的なもので取らえる事の危険性が見えてくる事でしょう。

自分の資産を増やすか減らすかの瀬戸際での相場のテクニカル分析は、冷静、迅速、的確に行われなければなりません、 そのためには、秒単位から年単位の計測ツールを用意しておき感覚を研ぎ澄まして、 いつでも迅速に計測器を取り替えて観測したり、視点と場所を変えて相場を見る事が必要だと思います。

このようにFX市場での取引現場は広範囲にわたる考察が必要なので、 貴方がどのような計測ツールを使って、どのような取引を行っているのか想像することはできません、 結果が良ければ全て良し・・・なのですが、結果が悪いのであれば、以上のような問題を検討してみる事をお勧めします。

テクニカル分析では、何をどのように計測するのか?それが最大の問題です。

時間の流れと価格の上下振幅から何を読み取り、何を予測するのか? そしてその予測結果の賞味期限はいつまでなのか?

もし貴方が、そのような問題を考えていなかったのなら、これからは考えて頂きたいですね、 NTS-FOREXの相場計測ツールは、以上のような総合的観点からプログラムを組み立てています。

NTS-FEOSクラブ

2014年5月6日火曜日

■Expert無しで毎日毎日自動で稼ぐ超簡単なFX!そんな方法が本当にあるんですか?

■Expert無しで毎日毎日自動で稼ぐ超簡単なFX!そんな方法が本当にあるんですか?

◇FX取引をしている人なら誰でもが知っている、誰でもが気付いているのに無視している利益、 それを見逃しているのは、何かにこだわっているからでしょう、いいえ、固執しているからと言えるでしょう。 それとも、その方法を知らないのでしょうか?

FX取引と言うのは毎日買ったり売ったりを激しく繰り返して利益を得るもの?

FX取引では絶対に生活費や借金返済のお金を稼ぎ出す必要がある取引(でないと意味がないもの?)

何事もある程度のこだわりは必要な場合もありますが、こだわりすぎは怪我の元になったり、 方向性を見失い、将来を失う原因にもなりかねません。

例えば子供の教育と将来、子供が好きでもない事に親がこだわると子供時代の自由な発想や自由な人生の選択が方向性を失い不幸な人生を歩く事になりかねません。

私の取引する会社ではAUDーBuyのスワップ金利がすごく溜まってきました、これ全自動です! 一度Buyをクリックするだけで、金利が毎日毎日増えていきます。

簡単な方法ですから一度試してみては如何でしょうか?

まず、H4チャート、D1チャートに注目して、ローソクが最も下がった時点まで待って下さい。 そこで資金に応じた絶対に安全なロット数を選んでBuyを入れるだけの簡単さです。

絶対に安全なロット数ですから、利確も損切りもセットする必要はありません、 絶対に安全なロット数が算出できない場合は、とりあえず0.01ロットから0.05ロット程度で良いでしょう。

後は1週間に1度程度金利が増えている事を確認するだけ・・・全部自動で増え続けます。

1年後には、貴方がFX売買で稼ぐ金額より大きくなっている可能性だってあるのです、 でもほとんどの人は、満足なリスク管理もできないで、満足なテクニカル分析もできないで、 四苦八苦しながらせわしい取引方法に取り組み、あちらの意見を聞き、こちらの意見を聞き、 結局は、全自動で稼ぐスワップ金利ほどの利益も出せないで1年が終わっている・・・と言う場合もあるのです。

動きの少ない時間が非常に長い現在の相場状況でどうやって相場を予測するのか? 悩んだりサジを投げるトレーダーも多いと聞きます。

NTSの指標システムはあらゆる角度から検証したものをこれまで提供してきましたし、これからも同じ姿勢です、 現在は拡張バンドシリーズとなっている指標も、名前は違いますが同じものを配布していますので確認して下さい。

なぜバンドではなく拡張バンドなのか? それはローソクをバンドで囲むだけではなく、その先の刻々と変化するローソクの動きに細かに反応するパーツが組み込んであると言う意味です。

そして、それを使いこなす事で、上がるのか下がるのか?そこで止まるのか止まらないのか? その判断が簡単にできるようになります。

基準を30にセットしたら、もう一方のパラメータを2、4、6、8、と任意の数値にセットします。 価格の動きを監視する感度を自由に設定できますので、全ての時間軸で正確に機能します、 問題は使用する人が、その意味を理解しているかどうかが問題なだけです。

伸びてきたラインがローソクに衝突すれば、その方向に価格は引っ張られ、ラインがローソクに向かう途中でそっぽを向けば価格は逆に逃げて行きます・・・どうです簡単に予測ができるではありませんか?

NTSの会員にしか意味が分からないかもしれませんが、それは仕方がありません。

AUDJPYのスワップ金利が大きく溜まった上に、どんどん価格が上昇してきたので売買利益も膨らんできました、 これこそ一石二鳥と言うものでしょう。

2014年5月3日土曜日

◆FX取引手法のなかで最も簡単で確実な方法?

◆FX取引手法のなかで最も簡単で確実な方法を探している人は多いと思います。

一般的にはトレンド方向を予測して順張りトレードを行う方法と、相場変動の折り返し地点を特定して逆張りを行うカウンタートレンド売買があると言う事なのですが、どちらの場合も100%確実に方向を見極める事は簡単ではありません。

確率から言えば、相場の折り返し地点を特定し、しばらく様子を見てから、あるいは過去の動きから見て、方向を見定める方法が最も確実と言えるでしょう。

M15チャートファンの方には申し訳ないですが、H1、H4、D1チャートを見てください。

そこにZigZag指標を投入しますと、チャートの一番上に位置する部分での相場の折り返し、逆にチャートの下に位置する部分での相場の折り返し地点が見えるでしょう、[この一番下で買いをいれて、一番上の折り返しまで待っていれば、大きな利益になるのになあ・・・]そう思いませんか?

もちろんM5チャートでも、M15チャートでも良いのですが、時間軸が大きくなるにつれて移動幅が倍数で大きくなるので、できるだけ大きな時間軸のほうがお得になるのです、それを見極めるのに時間がかかる・・・と言う問題もありますが、予測の確率から考えると、時間軸が大きくなるほど確率は高くなると考えて良いでしょう。

M5やM15チャートでは、チャートをバンドで囲った場合に、バンドエッジを押し上げたり、押し下げる事は常に起こります、 上限のバンドエッジを超える相場変動に対しては、上の時間軸へと切り替える事によって全体の成り行きを見ることができます。

それでは、H4チャートのバンドエッジを更に広げる相場変動の頻度と、M15チャートのそれはどのくらい違うのかと言うと、単純に考えて計算しても、 M15の方が16倍も多いと計算できるでしょう。

M15チャートでバンドエッジを見るよりも、H4チャートなら16倍も確率の高いバンドエッジを観測できる事になります。 価格変動の幅も下端から上端までだと16倍と言う計算になり16倍の利益を狙えると言う事になるのです。しかし、 狙う利益が大きければ、それに伴って判断が狂った場合のリスクも格段に大きくなるのは当然の事です。

方向判断をより確実に行うにはどうすれば良いのか、それはバンドエッジでの相場反転を観測する指標の能力をそこに集中させる事で解決します、 一つの指標が、相場が有り返したことを知らせるよりも、2つ3つの指標が同時に折り返したのだと言う指標を示したのなら確率は高くなります。 もちろん、この場合には、計算方法や観測方法が違う指標の組み合わせでなければ意味はありません。

同じ指標のパラメータを変更したものの組み合わせでは確率が高い事にはならないであろうと言うことです。

今回は、取引の確率を上げるための方法について解説しましたが、貴方のトレードの参考になれば幸いです。

NTS-FOREX会員サポート情報(抜粋)

http://forex.ryuuguu.net/

2014年5月2日金曜日

■便利が良い事は高くつく?

■便利が良い事は高くつく

昔に比べて便利が良くなった事の一つに現在の携帯電話があります。

その昔、ほとんどの家には電話が無かったので全国の至るところに(電電公社)による公衆電話や公衆電話BOXが設置されました。 公衆電話の設置場所や台数について政治家たちの利権の争奪戦があったと聞いています。・・・なんでも利権が絡んでいるんですねえ・・・

やがて、家庭に電話を設置するための権利金積立やローンが流行する時代がやってきました、日本経済の高度成長に伴い、ほとんどの家庭に電話を引く事ができて、便利の良い時代がやってきました。・・・意志の伝達革命が起こったのです・・・

経済成長は順調に伸びて仕事に自動車が欠かせないものとなり、家庭に1台の自動車を持てるようになった頃、今度は自動車電話が登場しました、 正規の無線自動車電話が当時のお金で80万円もするので、違法電波を使用した無線電話や無線自動車電話が流行した時代もあったのでした。

同時に進行したのが電子技術の革命です、真空管からトランジスタに、トランジスタからICに、ICから高度集積回路にと移り変わると同時に、 電波技術の進歩と共にポケットベルの時代を経て現在の携帯電話があります。

家と家、建物と建物の自由な通信から、個人から個人を結ぶ通信(意思伝達)方法が確立されてくると同時に、今までには考えられなかった問題も噴出してきました。

携帯電話があるばかりに死んでしまった人、携帯電話で障害者になった人、携帯電話で不幸な人生を送ることになった人がどれだけ居る事でしょうか? それでも、やっぱり便利さが上回っていると言う事なのでしょう。

携帯電話に限らず、人間の食生活にも便利さを求めたために高いお金を払い、危険な食物を食べ続けなければならない多くの問題を抱えています、 残留農薬、放射能、産地偽装、何が書いてあっても信用できない、そんな便利な?時代になっていることを痛感します、 自分で家庭菜園でもやってみれば、その便利さの愚かさに少しは気づくかも知れません。

最後にFX取引の便利な方法、 それは自動売買と言う非常に便利なものです、パソコン1台あれば、好きなだけお金を稼ぐ事ができるのですから、これはもう革命などと言うものではありません、お金をふんだんに無限に生み出してくれる魔法の道具、打出の小槌を手に入れたら、勉強する必要などありません、学校も行く必要ありません、 ただただ、生まれてから死ぬまで好きなことをやり放題で生きていけるのですから、これ以上の便利は無いでしょう。

理想は理想として、このFX自動売買という便利なものにも非常に多くの犠牲者がでているようなのです。 打出の小槌を”はした金”で買えると信じるのも、やはり人間の便利さを追求する心理の賜物と言えるので、それを求めることを批判したり拒否する考えは毛頭ありませんし、私自身も未だに研究を続けているのです。

FX自動売買で(打出の小槌)を現実にするには、それを組み立てるのも使いこなすのもテクニカル分析手法の確立が絶対不可欠の要素であると信じていますし、その方向で進んでいます。

頭で考えたテクニカル分析手法を、そのまま自動売買プログラムに起こすと言う高度な難関と戦いながら、とりあえずはテクニカル分析指標プログラムで納得するまで取引を進めると言う段階も必要だと思います。

高度な技術は闇の中を手探りで進むのと同じですから、手に掴んだものを片っ端から試してみたり、膨大な売買データを整理したり分析する必要がありますので、一人で取り組むには非常に年月がかかります。

そうかと言って多数の人間で技術開発するには、情報の漏洩、盗難、横取りなどの危険性等の問題が付きまとう事になるので、 現在マスコミが騒いでいる●●細胞の研究のようになる可能性も考えなければならないので新しい技術開発は大変なのです。

そのような観点から、読者の皆様には自動売買の犠牲者になる前にテクニカル分析による売買手法を確立する事をおすすめします。

チャートを分析するツールを手に入れたら、 一つの通貨だけを攻略して見てください、少ないロット数で指標に従って、いくつもいくつもポジションを取りましょう、 相場が上昇するようなら(Buyエントリー)下降するようなら(Sellエントリー)して、はやる気持ちを抑えて1日、1週間、1ヶ月、 じっくりと自分のポジションとチャートを観察しながら、利益だけをチビチビと取り込んでいく楽しみをしながら、 いつの間にか、確実なテクニカル分析の能力が備わる事でしょう。

現在のNTS-FOREXの確立されたテクニカル分析ツールは、 NTS-Ayana-Band ,NTS-Ayana-Line ,NTS-Ayna-System,となっていますので、是非お試しください。 http://forex.ryuuguu.net/